リンパマッサージ以外にリンパ液の流れを良くする方法はあるの?

ずっと気になっているのがリンパ液。

実は私、リンパ液ってそもそもどのようなものかよくわかっていないんです。

血液とは違う液で、リンパ液の流れが滞ると何か体に悪そうなんてイメージはあるんですよ。

でもそもそもリンパ液って何なのでしょうか?

リンパ液とは?

毛細血管から組織の中に浸出し、毛細リンパ管に流れた液体のことをリンパ液(リンパ)と呼びます。

色はほぼ透明で黄味がかっていて、リンパ液の中にはリンパ球があります。

リンパ液の役割(機能)

血液は体の細胞に栄養素を届ける為に細胞に浸出するのですがその後は毛細血管からまた血液中に戻ります。

しかし細胞に浸出した血液の一部は毛細リンパ管に入り、リンパ管を流れてまた血管(静脈系)に戻ります。

全身に張り巡らされているリンパ管に流れるリンパ液には大切な役割があります。

  • 老廃物を回収・運搬する役割
  • 毒素を体の外に排出する役割(リンパ節(※1)でろ過される)
  • 細菌・異物が入ってきた時にウイルスや細菌を処理する役割
  • ウイルス・病原体への抗体を作る役割

(※リンパ節は首・鎖骨・脇の下・腹部・骨盤・そけい部(太ももの付け根)・肘・膝に多くあり、体内に800ヶ所あると言われています)

以上のことから、リンパは体の免疫に大きく関わっているということがわかりますね。

リンパ管は体内の下水道と表現されることも多いようです。

リンパはどのようにして流れるのか?

血液は心臓のポンプの動きにより循環しますが、リンパ液はどのようにしてリンパ管の中を流れていくのでしょうか?

リンパ液は自動的にも流れますが、主に呼吸運動や筋肉の収縮によって流れていきます。

その速度は血液に比べるとゆっくりとしていて、体を1周するのに12時間ほどかかると言われています。

運動をしている時は筋肉が収縮するので手足からのリンパの流れが4倍から20倍と早くなりますが、安静時はとくに流れが遅くなります。

リンパの流れが滞るとどうなるの?

先程説明した通り、リンパ液は非常にゆっくりと流れているため滞りやすく、そこに運動不足が加わるとリンパ液の流れはさらに悪くなってしまいます。

  • 同じ姿勢で立ちっぱなしで作業
  • ずっと座りっぱなしで過ごす

これらが原因でリンパ液の流れが悪くなることがあるということです。

さらに、緊張したり(ストレスを感じたり)、寒さを感じたり、眠ったりすることでリンパ液の流れが悪くなります。

そして、リンパの流れが滞りは以下の症状に悩まされる原因になってしまうそうです。

  • むくみ
  • 免疫機能の低下
  • 肩こり
  • くすみ・ニキビなどの肌トラブル(肌の新陳代謝が悪くなる)
  • セルライト

ちなみに私は運動を一切せず一日中座って過ごしています。

ここのところやけに手足が浮腫み、不快感で眠れないほどだったのですが、リンパ液の滞りが関係していそうだと感じました。

是非ともリンパ液の流れを良くして辛い浮腫みも治し、免疫機能も向上させたいと思うのですが、どのようにしたらスムーズにリンパ液が流れるようになるのでしょうか?

リンパの流れを良くする方法

緊張や冷え、運動不足などが原因でリンパ液の流れが悪くなるということはわかりました。

そこで考えられる解決策は以下の通りです。

  • 日々の生活にリラックスタイムを設ける
  • 体温を上げる(体を温める、体を冷やさない)などの冷え対策をする
  • 運動をする

リラックス法については今後記事を書く予定でいるのですが、この「運動をする」という解決策。

うーん。ちょっと悩みますね。

心身が弱り思うように運動ができない方もいるはずです。

しっかりと運動をする時間やタイミングを確保できない方もいるでしょう。

では、運動がままならない場合はどのようにしてリンパ液の流れを促進させたら良いのでしょうか?

  • リンパマッサージ
  • 散歩・ウォーキング
  • ストレッチ
  • 体操
  • ヨガ
  • 呼吸法
  • 水分補給

意外と運動以外の方法もあるようです。

ではひとつひとつ、順を追ってチェックしてみましょう。

リンパマッサージ

リンパマッサージは素人の私の説明を聞くよりかは、プロが書かれた記事を参考にされた方が良いと思います。

ということで他サイト様の記事を紹介させていただきますm(_ _)m

↓こちらの記事は動画付きで解説されていて解りやすかったです(o・ω・o)

【動画付!簡単リンパマッサージのやり方】足のむくみを解消して美脚になる!

↓こちらは画像つきで解りやすかったのと、全身のマッサージの方法を解説してくれているところが良かったです。

全身のむくみをすっきりさせる リンパマッサージ のやり方(第1週目)

全身のむくみをすっきりさせる リンパマッサージのやり方(第2週目)

また、リンパマッサージをしてくれるお店に通うという方法もあります。

散歩・ウォーキング

激しい運動が困難な場合は、散歩やウォーキングでリンパ液の流れを促進させましょう。

「歩く」ことで脚の筋肉が収縮するので、安静にしている時に比べると血行もリンパ液の流れも良くなるはずです(^^)

リンパストレッチ

リンパマッサージよりもリンパストレッチストレッチの方が効果的!なんて説もあります。

興味深いですね。

リンパマッサージ同様、プロの方の意見を参考にした方が良いと思うのでここでも他サイト様のリンクを張らせて頂きますm(_ _)m

リンパを流すならリンパマッサージより「リンパストレッチ」が効果的

リンパ体操

リンパ体操という体操もあるそうです(^^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100歳まで動けるからだになるらくらくリンパ体操 [ 前新マミ ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/9/10時点)

↓寝たまま試せるのは有り難いですね!

ヨガ

ヨガは筋肉を使うので、結果的にリンパ液の流れも良くなるそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DVD選べる!基本の4コースはじめてのヨガ [ Gori宮下 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/9/10時点)

呼吸法

呼吸法も意外と効果的だということを小耳に挟みました。

書籍にもなっているようです。

ツボ

ツボを押すのも効果的とのことです。

こちらも私の説明では不十分なため、イラスト付きで解説されている他サイト様の記事を紹介させていただきますm(_ _)m

リンパを流す(部位別) – ツボ健康療法講座! – 家庭でできるツボ健康療法

水分補給

水分が不足しているとリンパ液の流れも悪くなるそうです。

適度に水分補給をすると良いそうなのですが、ジュースなどの甘い飲み物よりも水が効果的とのことです。

まとめ

リンパ液の流れが良い→老廃物などの余分なものを排出することができ、免疫力が上がる。

リンパ液の流れが悪い→老廃物などの余分なものが溜まり、むくみや免疫力の低下などの原因になる。

運動やマッサージによってリンパ液の流れを促進できる。

運動が困難な場合はストレッチやツボ押しなどでリンパ液の流れを促進できる。

…と、いうことで。

なんとなく「リンパ液の流れが滞ると体に悪そう」と思っていた今までの気持ちが確信に変わりました。

なんとなくではなく、確実に体に悪いですね。リンパの滞り。

体に良いものを摂取するのも大切なことですが、体の老廃物などの不要なものを排出することも健康を維持する上では大切なことだとわかりました。

もしかしたら、真面目にリンパ液と向き合ったらいろいろと良くなるかも?なんて期待も持てます。

そして、デトックスについてもう少し学ぼう!という意欲も湧いてきました。

今後もデトックス関連の記事を増やしていけたらいいなと思っています(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク