大人のADHD(注意欠陥・多動性障害)対策の一つとして「タイマーコンセント」が使えるかもしれない

私は幼少期からADHD(注意欠陥・多動性障害)があり、笑えない失敗を繰り返してきました。

今でも毎日のように(用心深く行動してもどういうわけか)ミスを連発してしまい、さらに私には強迫性障害もあるので、常に不安がつきまといます。

「実際にミスをおかしやすい状況」と「強迫観念による必要以上の心配」のコラボにより毎日気が気ではありません(ーー;)

電化製品のやりっぱなしって怖いんですよ。。

アイロンやストーブをうっかり消し忘れるのも怖いですし、熱を持たない電化製品のやりっぱなしも一大事にはならないもののお金の無駄になってしまいます。

このまま電化製品を「使いっぱなし」にするかもしれない恐怖に怯えて暮らすしかないのかと思っていたのですが、ある商品のことが頭によぎり、「これだ!」と思いました。

大人のADHD(注意欠陥・多動性障害)の対策について考えていた時にタイマーコンセントという商品を思い出した

今日は30分間使用せずに電源を入れっぱなしにしていると自動で電源が切れるタイプのヘアアイロンを使っていたのですが、ふと、「ありとあらゆるものが自動オフすればいいのに」なんて思いました。

そんな時に思い出したのが「タイマーコンセント」です。

タイマーコンセントとは?

タイマーコンセントとは、タイマーコンセントをコンセントの差込口に差し、タイマーコンセントに電気機器のコンセントを差すことで電気機器の自動ON・OFFを可能にしてくれるツールのことです。

今回は、通販で購入できる定番のタイマーコンセントや、インテリアに馴染みそうなシンプルデザインのタイマーコンセントなどを紹介させていただきます。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)な日々をサポートしてくれるかも? 通販で買えるタイマーコンセント

ネットで人気の定番商品といえばこちら。

意外と安くて驚きました。

通常の24時間プログラムタイマーよりも値は張りますが、延長コード付きも良いですね。

色も個人的にこっちの方が好みです。

こちらは光センサーつきで照明のON・OFFに便利とのことです。

こちらはシンプルで白基調のお部屋やナチュラルテイストのお部屋に合いそうです。

そしてデジタルはないだろうと思っていたらデジタルもありました。

メモリを動かすアナログタイプの商品が苦手な方に良いかもしれません。

アナログも良いのですが、私はデジタル表示でしっかり確認して安心したいタイプの人間なので、デジタルなタイマーコンセントに狙いを定めました。

購入・使用するのがいつになるかわかりませんが(そのため記事にするのもいつになるかわかりませんが)実際に使うことができたら、また使用感などについて報告させていただきます(^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク